「人に夢、環境に彩り」21世紀の快適環境整備創りの一翼を担う佐賀県の建設コンサルタント | お問い合わせフォーム

現場研修会

概要

自社では、土木技術の継承を図ることを目的とした社内現場研修会を行っています。実践でのOJT、基準書通読や資格試験勉強によるOff-JTに加え、ベテラン技術者によるナレッジ共有(知識共有化、可視化)により、設計と施工の乖離を小さくする取組みを行っています。平成20年度より実施しており、今年で7年目となります。
※協力:(一社)佐賀県県土づくりコンサルタンツ協会、(株)富士建、福岡建設(株)、佐賀県有明海沿岸道路整備事務所

●研修1 下水道(Vホール施工)現場研修会
研修場所:福岡建設株式会社
日時:平成20年5月
内容:下水道の工事のための立坑は鋼製ケーシングを用いるのが一般的である。しかし、マンホール自体を回転圧入させて一工程で構築することが出来る工法(V工法)が開発され、その構造形式、施工方法について研修を行いました。

●研修2 橋梁点検現場研修会
研修場所:鳥栖市某所
日時:平成20年10月
内容:建設後50年を越す既存の道路構造物ストックが増えてきていることから、道路橋点検について、調査方法、点検方法、安全管理について研修を行いました。

●研修3 法面点検現場研修会
研修場所:鳥栖市某所
日時:平成21年4月
内容:中山間地の道路法面の劣化箇所が増えてきていることから、その知識、計画、調査について重要と考え、法面点検について、調査方法、点検方法、安全管理について研修を行いました。

●研修4 道路構造物現場研修会
研修場所:小城市某所
日時:平成23年5月
内容:道路拡幅に伴う軟弱地盤での函渠継足計画について、計画立案、現地踏査方法、施工計画、設計と現場の乖離について研修を行いました。

●研修5 法面工事現場研修会
研修場所:㈱富士建,富士町(国道323号)
日時:平成24年6月
内容:国道323号の道路バイパス工事に伴う山側の法面対策工事について、設計図書と現地施工図の相違について、法面設計検討における安定計算検討(地すべりとの見分け方)について研修を行いました。

●研修6 有明海沿岸道路工事現場研修会
研修場所:小城市(有明海沿岸道路工事現場 芦刈IC~住之江IC)
日時:平成27年5月
内容:有明海沿岸地域の「陸海空の広域交通ネットワーク」を形成し、「未来を創る」高速道路である有明海沿岸道路の芦刈IC~住之江ICについて、道路構造物の施工状況を見学しました。また、六角川に高架中の住之江橋の施工計画概要等について講習を受けました。